1. ホーム
  2. 主な取扱商品
  3. 栃木県内出版物
  4. 井上総合印刷(しもつけの心出版)

井上総合印刷(しもつけの心出版)


版画の向こう側

版画の向こう側の物語

短編小説×木版画×CD
版画家が小説を書き、朗読家とケルト音楽のミュージシャンが共演する、超オリジナル世界。
少年の初恋、老人の野心、女子大生の傷心、双子の葛藤、パリや京都、宇都宮や横浜を舞台に、木版画を短編小説で綴られる豊饒な物語。


  3,500円(税別)

いろはに健康 お元気かるた

いろはに健康 お元気かるた

高齢者の健康や日常生活をテーマにしたかるた。
お子様から高齢者まで一緒に笑いながら楽しめる商品です。


【編】とちぎお元気かるた作成委員会
  1,200円(税別)

鳥の形

詩集 鳥の形

「詩集らん系」(しもつけの心出版)の次作。
著者が、ある時見た小鳥の姿から思い立ち、「鳥」をテーマに大半を書き下ろした詩集。


【著】金子 以左生
  1,200円(税別)/ISBN978-4-903976-19-8

いのちといとなみ

いのちといとなみ-『コスモス・ユマニテ』への望見-

すばらしい地球、掛け替えのないふるさとを、後に続く世代に繋げていきたいと願うエッセイ。


【著】中村 左吉(さよし)
 700円(税別)/ISBN978-4-903976-20-4

歳月のかけら

歳月のかけら

過去から現在へ、現在から過去へ誰にでもある忘れ難き思い。
日常何気なく暮らす出来ごとを、長年にわたる文筆活動の中からつづられた随筆集。


【著】大出 京子(たかこ) 那須塩原市(旧黒磯町)生まれ。
  1,200円(税別)/ISBN978-4-903976-18-1

しもつけの心

しもつけの心

故郷は温かい。子供のころの思い出がいっぱいつまっている。
うれしかったこと、楽しかったこと、悲しかったことも・・・。
人は支えあって生きている。
心のふれあいを大切にしたい。
親と子の絆、地域のつながり、人と人とのふれあい
そして地道に取り組んでいる人たちの心の架け橋となり
温もりの話題をお届けします。


477円+税

那須国物語

那須国物語

栃木県に根ざした小説家・松本富生の独自の世界を描く。
数多くの写真や資料を駆使した古代の那須国の歴史とロマンを語っている小説。


【著】松本 富生
 1,800円(税別)/ISBN978-4-903976-17-4

 こちらの書籍に関するお問い合わせは下記発行者にご連絡ください。
 井上総合印刷 TEL028-661-4723

五歳で行こうよ駄菓子屋ちゃ色

五歳で行こうよ駄菓子屋ちゃ色

微かな記憶になってしまった駄菓子屋さん。
駄菓子屋さんと駄菓子の思い出は誰もが沢山あることと思います。
昔懐かしいあの頃の記憶がよみがえる一冊です。


【著】菊池 昭るり
2800円+税/ ISBN 978-4-903976-16-7

いいあんべ

笑いのとく本 いいあんべ 付録地方言集

栃木県の方言を使った「川柳、ナゾかけ問答、かるた」などなど
懐かしさを感じる言葉遊びが詰まった一冊です。
また、800語以上にも及ぶ栃木県の方言集が標準語訳付で収録されております。
方言の意味を調べたい方や方言をもっと知りたい方にもおすすめです。


【著】嶋 均三
【絵】菊池 昭るり
 500円+税/ ISBN978-4-903976-13-6

のぞきからくり広馬場は宮の夢舞台""

のぞきからくり広馬場は宮の夢舞台

明治時代に“広馬場(バンバ)」”と呼ばれた宇都宮の盛り場を、
著者が当時の資料を探し出し、華やかだった昔のバンバやバンバを通して
明治の宇都宮の魅力をのぞきからくり仕立てにて紹介。


【著】藤田 好三
 2000円+税/ ISBN 978-4-903976-12-9

下野正月繁盛絵錦

下野正月繁盛絵錦

忘れてしまった故郷の風俗・文化
そして商人たちの心意気など・・・
250点を超える美しい祝福の刷物たちによって
今ここに甦える。


【著】藤田 好三
 2000円+税/ ISBN 978-4-903976-15-0

page top